So-net無料ブログ作成
検索選択
飲食店@山形県 ブログトップ

2010年初カフェ ほん和かふぇ(清野工房) [飲食店@山形県]

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます。

2010年は、風雪吹き荒れる山形での年越しでした。
お蕎麦を食べて、紅白を見て、ごぉ~ん、と。ゆく年くる年が始まり・・・。
(この「ごぉ~ん」が今年は以前紹介しました山形の慈恩寺なのにちょっと驚きつつ)
ゆる~っと年が明けました。
(慈恩寺の過去記事はこちらへ)

本当に怒涛の1年が(いや・・・3年かな)終わったなぁと。本当にいろいろなできごと・変化があり、そしてこのブログをはじめ、色々と新しいことをはじめてみたり。5年前には想像もしなかった時間が過ぎたように思います。
おかげで、改めてたくさんの人に支えられて生きていることに気が付くことができました。このブログで、たくさんの人との出会いもありましたし^^

今年は落ち着いた1年が過ごせますように。
そして私を支えてくれている大切なひとたちが幸せでありますように^人^
飯野八幡宮.jpg

早朝の飯野八幡宮(福島県いわき市)にて。
 飯野八幡宮[次項有]http://www.noteplan.net/8man/

(すっかり雪の無いいわきの生活に慣れた身では極寒の山形では初詣に出かけられず、いわきに戻ってきてからのお参りでした[わーい(嬉しい顔)]


そんな初詣よりも先に出向いたのが、2010年初カフェ訪問[exclamation]ということで、山形県寒河江市にあります、ほん和かふぇさん。1月2日の寒河江は、真っ白でした・・・。
ほん和かふぇ_01.jpg


こちら、ほん和かふぇさんは清野工房さんという木工を中心とした手作り工芸品のお店の一角にあるカフェです。
ほん和かふぇ_02.jpg

こんな感じのカウンターのほかに、テーブル席が2つのちいさなお店。
気さくで明るいお母さんとお嫁さんが、いつも笑顔で迎えてくれます[わーい(嬉しい顔)]

お食事メニューはありませんが、各種ドリンクに、必ず手作りの季節のお漬物やお菓子がつきます。
それでコーヒー¥350、緑茶に至っては¥200!  行く度に、いっぷくしたくなります^^
今回はお正月らしく、おしるこをいただきました[るんるん]もちろん、お漬物もつけていただき[ハートたち(複数ハート)]
ほん和かふぇ_03.jpg


お店の中は清野工房さんオリジナルの木工製品をはじめ、地元の方の手作り和雑貨がた~っくさん。です。
こちらは清野工房さんの代表商品、ポンポン下駄。使っている木ももちろん天然で何種類かあり、鼻緒もぜ~んぶ、手作りなので1つ1つ表情が違っていて、どれを買おうか迷います[るんるん]
ほん和かふぇ_04.jpg


こんなぬくもりある木のおもちゃや時計とか。
ほん和かふぇ_06.jpg

木のおもちゃは角が無くて本当にすべすべ~っなので、安心です^^
時計はいつか買おうとkomameもずーっと、狙っている[ぴかぴか(新しい)]のですが、なかなか買えていません^^;
他にも、オリジナルの表札なども、作っていただけます。
清野工房さん、実は小学校時代の後輩のおうちなのですが・・・子供の頃は家具屋さんでして、それだけに木工品の加工はお手のモノ。熟練の技が、効いてます[ぴかぴか(新しい)]

そして清野工房さん以外で製作されている工芸品もたくさんあります。
カフェの席の傍らに居た、木の実の音楽隊♪
ほん和かふぇ_05.jpg

他にも布雑貨や陶器まで、たくさんの和雑貨に囲まれてほっとするひとときを過ごせます[かわいい]
(お財布の紐を緩めないようにするのが大変ですが・・・[わーい(嬉しい顔)]

清野工房さんに行くには・・・目印は、この大きな看板↓↓
ほん和かふぇ_看板.jpg
詳しい情報は、清野工房さんの公式サイトをご覧くださいね↓
berner.gif
たくさんの商品情報や工芸品の詳しい説明・通販もあるので、ぜひ覗いてみてください^^


<清野工房 ほん和かふぇ データ>

[レストラン] コーヒー・お茶各種、アイスクリーム
住所: 山形県寒河江市島246
TEL: 0237-86-6205
営業時間: 9:30~18:30 (冬季~18:00)
定休日: 火曜日
駐車場: 10台(大型バスも可)
HP: http://www.seinokobo.com


とうふ工房 清流庵 [飲食店@山形県]

山形ドライブ、ぐるりと回って寒河江(さがえ)市まで戻ってまいりました[ダッシュ(走り出すさま)]
最後に、地元スーパーには必ずと言っていいほどここのお豆腐がある、というお豆腐やさん、住吉屋食品さんが営まれているとうふ工房 清流庵さんに立ち寄りました。
清流庵1_外観.jpg
住吉屋食品さんの工場の敷地内に併設されていて、お豆腐料理の販売所&カフェになっております。場所はさくらんぼ畑のどまんなか[わーい(嬉しい顔)] あらかじめ調べていかないとたどり着けないかも・・・^^;

店内は、大豆製品のお惣菜やお豆腐スイーツがた~くさん並んでいます[るんるん] そしてこのお店の素敵なところが、とにかく試食が多い・・・[exclamation×2]
お惣菜コーナーはこんな感じです。お野菜たっぷりのがんもや枝豆がんも、各¥100です^^
清流庵2_お惣菜.jpg
スイーツコーナーはこちら。試食用カップとスプーンが山積みなのが、凄いです[わーい(嬉しい顔)] お豆腐でつくったチーズケーキにプリン、どれもヘルシー&絶品です。新発売のとうふBARも紹介されていました[かわいい]
(とうふBARの説明はクリックで拡大します♪)
清流庵3-1_スィーツ.jpg清流庵3-2_とうふBAR.jpg

そして本日のお目当てはこちら~TO-FUドーナツでございますっ。
清流庵4_おからドーナツ.jpg
午後だと売切れてしまっていてなかなかお目にかかれないのです> < 今日は残っていて良かった~
ふんわりしっとり、甘さ控えめでいくつでも食べられます[るんるん]

こちらはカフェコーナー。お豆腐尽くしのスイーツの他、予約をすれば特製清流庵弁当(1日限定10食)もいただけます。また、店内で購入した商品をここで食べてもOK、だそうですよ[るんるん]
お弁当は、前々から気になりつつも要予約のためkomameもお目にかかったことがありません。。。いつか、食べにくるのでその時までレポートは首をなが~くしてお待ちください[ぴかぴか(新しい)]
清流庵5-1_カフェ.jpg清流庵5-2_カフェ.jpg

また、贈答用のセットも用意されています。これは・・・送るんじゃなくて、送ってほしい(笑)
清流庵6_贈答.jpg

最後になりましたが、こちら清流庵さんのお豆腐の素材と製法へのこだわりについて、店頭に説明がありましたので抜粋です。
1.お水は月山の天然水を使用
2.地元寒河江近辺で収穫された最高級の大豆(地豆・秘伝)を使用
3.手間隙をかけた昔ながらの製法

今回は地元産グルメをたっぷり堪能の旅でした^^ 地産地消、とはいうけれどこの美味しさを全国にも知ってほしい~[ぴかぴか(新しい)]
ということで、清流庵さんのサイトでは通信販売もあるのでぜひそちらもどうぞ[ー(長音記号1)]

[家] とうふ工房 清流庵
清流庵map.gif
[レストラン] 豆腐料理、豆腐スイーツなど
住所: 山形県寒河江市字下河原76-1
TEL: 0237-86-2610
営業時間: 10:00~18:00 (冬季~17:30)
定休日: 水曜日
駐車場: たくさんあります
HP: http://seiryuan.jp/

農家レストラン エルベ [飲食店@山形県]

前回に引き続き、山形編です。
前回記事でご紹介したJR荒砥駅を後にして、また当てもなく延々と国道287号線を南下していきます。
そろそろお昼ごはんにしたい[レストラン]ということで、手にしている「るるぶ」を開き物色・・・。心惹かれるお店を発見[目]し、途中の長井市を越えたところで国道からそれて飯豊(いいで)町方面へ。目指したのは、農家のお母さんたちが作るピザ・パスタが自慢という農家レストラン エルベさん[るんるん]

エルベ1_外観.jpg
エルベ2_テラス.jpg
お店の前は広々としたハーブ畑になっています。(そのためお店を発見できず危うく通り過ぎるところでした[あせあせ(飛び散る汗)]
農家のお母さんたちが…と言うのでどんなお店かと思ったのですが、テラス席もあって店内も広々きれいでとっても明るいレストランでした[ぴかぴか(新しい)]
店内はお客さんがたくさんだったので、お写真は、ごめんなさい[もうやだ~(悲しい顔)]

メニューは、本格イタリアンです[揺れるハート]

早速お料理をご紹介します~
生ハムとサーモンのサラダ(¥680)
エルベ3_生ハムとサーモンの.jpg

ジェノベーゼピザ(¥1,260)
エルベ4_ジェノベーゼピザ.jpg

ボンゴレロッソ(¥980)
エルベ5_ボンゴレロッソ.jpg

キャベツとアンチョビのパスタ(¥880)
エルベ6_キャベツとアンチョ.jpg

新鮮お野菜に自家製ハーブで、どれもさっぱりしているのに味はしっかりしている、そんな感じでこれは、ウマイっ> <

お写真ではわかりにくいのですが、このピザ、結構大きいです。宅配ピザだったら倍くらいのお値段するサイズかと。出てきたときは頼みすぎた[exclamation&amp;question]とちょっと後悔したのですが、本格釜焼きのパリッパリでお味もさっぱりウマ♪なのであっという間に2人でぺろりと食べきってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
このお値段でこのお味とボリュームは、感激です[わーい(嬉しい顔)]

あてもなく出てきてこんなお店に出会えるとは、なんてラッキー[グッド(上向き矢印)]とほくほく気分で次の目的地へ。

 [次項有][次項有]

お次は同じく飯豊町の国道113号線沿いにあります道の駅いいでめざみの里観光物産館
ここで、どうしてもジェラートが食べたかったのです。(あれだけ食べて、まだ食べるか[exclamation&amp;question]
ここのジェラート、何がすごいって↓ダブル・トリプルまでは普通として…ワンダフルにスーパーワンダフル(5色)って!!(笑)
めざみの里1.jpg

めざみの里2.jpg
さすがにチャレンジ精神旺盛な私も、ダブルで…[ふらふら] これもまた、地元食材を使っていて濃厚で美味しかったです^^
ん~、いつか挑戦したい、スーパーワンダフル[パンチ]


[家]農家レストラン エルベ データ
エルベmap.gif
[レストラン] ピザ・パスタなど
住所: 山形県西置賜郡飯豊町萩生3549-1
TEL: 0238-86-2828
営業時間: 11:00~15:00/17:00~20:00
定休日: 月曜日
駐車場: 30台
URL: http://www.erbe.jp/



山寺 まいどや食堂 [飲食店@山形県]

山形シリーズが続きますが。。。山寺に行ってきました。
今回の目的地はこの先にあったのですが、その話は次回としまして、まず腹ごしらえのお話を[わーい(嬉しい顔)]

山寺は何度も訪れている場所ですが、何度来ても好きな場所です。
でもしばらく山の上の奥の院にはお目にかかってません・・・千十五段の階段を上るのは疲れるので[ふらふら]
山寺登山口.jpg
山寺本堂.jpg
今回も、途中立ち寄りだったためふもとの本堂(上写真)でお参りを済ませ、お土産&お食事処が並ぶ通りをてくてくぶらぶら。。。

山形名物玉こんにゃくも気にしつつ、今回は”手打ちそば”に惹かれここ、まいどや食堂さんへ入ってみることにしました。
まいどや.jpg
店内にはおそらく旅番組で訪れたのであろう芸能人の写真がずら~り[カメラ]

メニューはとってもシンプルで、おそばと芋煮!でした。郷土料理の提供は季節ごとに変わるようで、おそばは5月~9月は冷やしオンリーということです。今からだと、温かいおそばが食べられるのではないかと思います。お値段は、おそば¥1,050~、芋煮セットは¥1,360~と、観光地価格・・・でしょうかね。

で、こちらが芋煮セット¥1,360です。
お漬物と玉こんにゃくもついて、結構なボリューム!
芋煮セット.jpg
こちらは手打ちきのこそば¥1,050
(これにお漬物・玉こんにゃくがつきます)
まいどやそば.jpg

そばは手打ちなのでしっかり歯ごたえ。これは好みによるかな~と思いますが、komame一家は満足! 芋煮は、観光シーズンでお客さんの回転に調理が間に合っていないのか、味が染みきっていないのがちょ~っとだけ残念でしたが、具沢山で美味しかったです^^
ボリュームがかなりあったので、この後も食べ歩く予定が何も入らず[どんっ(衝撃)]・・・嬉しいような悲しいような、でした[ふらふら]

[家]まいどや食堂 データ
map.gif
[レストラン] 芋煮・手打ちそば、各種お土産
住所: 山形県山形市大字山寺4430
TEL: 023-695-2951
駐車場: 有り
(有料ですがまいどやでお食事・買い物をすれば割引になるはずです)

山寺へのアクセス・その他観光情報はこちら
山寺の歩き方(by山寺観光協会)へ。
http://www4.dewa.or.jp/yamadera/index.htm


飲食店@山形県 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。